Top > 独断と偏見の戦車批評


>&size(20){&color(red){''ちゅうい。''};};
>この戦車批評は独断と偏見の塊です。
>初心者にはおすすめできますん
参考程度にして自分の好きな戦車に乗ろうね!
>&attachref(./00152.jpg,nolink);
>とまれぇ!!!!!

※誰でも編集して良いけど、編集時は"-""--""---"とかで段落を付けて他のコメントを消さないでね。今度消したらその指を縫い合わすぞ
#br
#contents

*アメリカ [#i8c26d05]
**お国柄 [#f921460d]
-戦車はアメリカで生まれました
イギリスの発明品じゃありません
しばし遅れをとりましたが、今が巻き返しの時です
-場所を選ばない俯角が取れる主砲が売り。中盤Tierでは他国より扱いやすいので
一見、初心者向けに思えるが高Tierになると他国が強くなり、扱いが難しくなる。つまり罠。
でも使いこなせるならなかなかの腕前ということなのかもしれない(適当
**ツリー [#ecb3d3f6]
-T57 Heavyツリー
--T71から自動装填になる。自動装填の立ち回りは独特なので慣れが必要。
戦車は弾かれなければなかなかのダメージを叩き込める感じになっており、T69以降、楽しい戦車が集結。
ただし弾かれないようにするにはGoldAmmoが必要になってくるので財力が問われるツリーである。ちなみに装甲など無い。
あと弾薬庫がやられて痛い目見ることがよくある。直したぜ!!!→また弾薬庫被弾もまれによくある。unko
%%最近追加されたらしい軽戦車ルートがあるが、いきなり自動装填になっても大丈夫なんですかねぇ・・・%%
Tier6 T37からいきなり自動装填だった。すまんな。
#br
-T110E3ルート
--硬いです、正面は。側面回られたら諦めましょう。なぜかT95の方が硬い気がするのは気のせいでしょうか。
とりあえず、遅い戦車に慣れてた方がいい気がします。ATシリーズとか乗っていると乗りやすいかも
遅くて硬い戦車がお好きな人はぜひどうぞ
---Tier4 T40→Tier5 M10 Wolverine→Tier6 M36 Jackson→Tier7 T25AT→Tier8 T28→Tier9 T95→Tier10 T110E3
上記が、ツリーの例となります。
#br
-T110E4ルート
--柔らかい戦車です。全体的に。只、砲塔が回る為、自由はあります。
しかし、真後ろまで回らないので注意を
T28 prot.では、真後ろまで回らず、T30で全周出来るようになったのに対して、何故だ?
動きは、悪くない為、ストレスは少ないと思われます。多分、きっと、メイビー
多少動きが良く、火力にも問題なく出る駆逐戦車です。
---Tier4 M8A1→Tier5 T67→Tier6 M18 Hellcat→Tier7 T25/2→Tier8 T28 prototype→Tier9 T30→Tier10 T110E4
上記が、ツリーの例となります。
#br
**戦車 [#v1719a18]
-軽戦車
--Tier6 T37
---自動装填にもなれる、バランスの良い軽戦車。
砲性能、視界に優れておりますが、欠点としては、加速性能に難ありです。
拠点モード(ミディアム)においては、人気が一番あります。

--TierⅦ M41 Walker Bulldog
---自動装填で10発撃てます。残り弾数注意で
金弾使うとびっくりする赤字が出ます。
---通常弾でAPCRが使えるし、10発装填のオートローダー、しかも軽快な動き。
あれ?強くね?

--TierⅧ T49
---砲の威力がおかしいです。何で152mm砲を積んだのか。さらに精度もおかしいです。恐らくゲーム内で最低を争う精度です。
動いたらまず当たりません。止まっても当たりません。50mの距離でも当たりません。
ただし、軽戦車に当たると1000ダメージ近く入ります。ロマンが好きな方用戦車です。
#br
-中戦車
--Tier6 M4A3E8
---アメ車特有の俯角に割りと軽快な足回り。砲は最終砲で走りながらがんがん撃つのが楽しい。10榴とかunko。あと車高高すぎ。

--Tier7 T20
---アメ車特有の俯角に割りと軽快では無い足回り。装甲など無い。
砲はリロード長いけど割りと制度よくて中戦車らしくていける。この先のPershingとかが難しいので実はあまりオススメできない。

--Tier8 M26 Pershing
---初期砲塔、初期砲では中々難しい車両。
しかし、改良砲塔及び90mm砲があれば、活躍の場は広がる。
装甲においても、そこまで硬い訳ではないので、注意が必要。
(※砲塔は、改良砲塔であれば、表記上は硬い。)
また、最終砲となれば、火力が上がる為、ストレスが大分軽減される。
---ガルパン劇場版で、輝いてました。凄かった(ガルパンはいいぞ)。

--Tier8 T69
---金弾が使える財力があるなら楽しい車両。GoldAmmo使えないなら非情にもunko
---頭固い(なんでや)。装甲値以上です(でも運ゲーだから慢心、ダメ、ゼッタイ)。GoldAmmoでも貫通はunko(どこ狙ってるんですかね)

--Tier9 T54E1
---機動力あり、火力もあり、装甲もそこそこありで、バランスは取れた気がする自動装填の戦車。
ただ、運用するに当たっては、課金弾が常備となるため、それなりに覚悟はした方が良いです。
そして、次なる戦車になると重戦車へクラスチェンジします。搭乗員スキルに注意してください。
#br
-重戦車
--Tier6 M6
---最終砲で、輝く重戦車。
日本重戦車O-I対策で入れられる時もあります。
装甲が、ワンチャン弾く時もあります。
しかしながら、車両の後ろ半分が燃えやすいので、出過ぎは危険です。

--Tier7 T29
---トップティアでなら、頭は硬いです。
ハルダウンをして戦う事で、戦果が変わります。
また、最終砲を装備しておくと、ヘイトアップ間違い無し。

--Tier8 T32
---火力が据え置きとなっているが、改良砲塔を開発・装備する事で
砲塔の硬さは、お墨付きである。
車体の柔さは健在で注意が必要となる。
筆者は、割と好きよ?

--Tier9 M103
---据え置きでは、Tier9同士の戦いが厳しいものとなります。
ただし、履帯と砲塔を開発しておけば、HPと動きが変わります。
また、最終砲を開発出来れば、戦果はグッと変わります。

--Tier10 T110E5
---現状、様々なBuffを受け、バランスの取れた重戦車。
攻撃面では、火力が秀でておりません。しかしながら、高い貫通力を有しております。
また、防御面においては、中々の硬さがありますが、
車体下部が弱点とも言えます為、見せないよう注意が必要となります。
総評として、筆者はお勧めです。

--Tier10 T57 Heavy
---中戦車T54E1から、重戦車へ
---機動力が前Tierに比べると落ちてますので、注意をしてください。
ただし、実質は強化されている砲の火力、正面(下部を除く)装甲の上昇により、活躍の場は必ずあります。
しかしながら、総弾数が少ないので注意してください。
無駄を無くしつつ、しっかりと4発を当てていく事が大切になります。
課金弾、AP弾を駆使しつつ格下相手には強気で行きましょう。
割と楽しい車両と筆者は感じます。
#br
-駆逐戦車
--Tier5 T67
---元T49の名で親しまれたTier5最強の駆逐戦車です。
糞猫を超える隠蔽と圧倒的な機動性(若干旋回性能に難あり)をもって戦場を駆け回り、
敵に発見されることなくその名のごとく敵戦車を駆逐していく。
狙撃に加え、索敵、機動戦、など何でもできる上に性能が中途半端じゃないというこの圧倒的存在感!!!
玄人が尋常ではない活躍をしている戦車ですが、戦場の状況を見れないnoobは使わないでくれ...
唯一の弱点が10榴で一撃爆散するということですが、なに当たらなければどうということはないぞ。

--Tier7 T28 Heavy Tank Concept
---パーソナルミッションにて、手に入る戦車。
機動力は、お世辞にも早いといえず、むしろ同駆逐戦車のT28程度である。
Tier優遇は、無いと思われます。Tier9にも当たります。同Tierであれば、頑張れる戦車です。
砲は105㎜砲の為、ダメージは取れます。
弱点である、キューポラ、正面から見える二つの副砲を如何に隠して撃つのかが肝。
SPGがいたら、祈ってください。

--Tier8 T28
---足の遅い駆逐戦車です。ただし、正面は固め。でも、キューポラが丸見えなんだよなぁ・・・。
旋回速度も遅いので、回り込まれぬように注意をしてください。
ただ、何も知らないNOOBがバンバン正面から撃ってきてくれると弾きます。それはそれで爽快感がありますよ?

--Tier8 T28 Prototype
---足遅すぎunko。かなりやばい。リスポーン地点で行く先を左右されてしまうほど。
しかもオープントップ故に自走砲にホールインワンを狙われてunko。
正面装甲が売りなんだけど案外弱点もあって抜かれる時は抜かれる。
逆に弱点が知られてなければ無双できるAT2的な初心者キラー。
あと地味に真後ろが向けない詐欺車両。回るようにしとけよバカ!!1vs1の時なんかに是非確かめてみてね。

--Tier9 T95
---正面装甲が化け物。市街地戦で遭遇した時なんてどうしようもない。まずいですよ!!!!!!
ルートは違うもののT28 Prot同様足がunko過ぎるので正直強いのは側面を晒しずらい市街地戦に限る気がする。

--Tier9 T30
---全周出来る砲塔があり、最終砲になれば火力が期待できる駆逐戦車です。
ただし、車体装甲が柔らかい為、注意が必要になります。
また、砲塔が硬いと言っても、キューポラが目立つ為油断は大敵です。
機動力は、そこそこありますが、あまり期待しないで下さい。

--TierⅩ T110E3
---T95から引き続き硬いです。正面向けていたら駆逐でも結構弾きます。ただし、車高が高くなったため下部が狙われやすくなるので注意。

--TierⅩ T110E4
---機動力あり、火力あり、装甲あればいいな。の3拍子な駆逐戦車。
車体、砲塔正面が200程度なので、抜けます。下位Tierの課金弾か、AP弾でも危ういやも・・・。
なお、ドイツの駆逐戦車には余裕で抜かれました(筆者経験談)。
T110E3さんのようには、いきませんでした・・・。

-自走砲
--Tier7 M12
---アメリカ特有の低弾道がここから、そして大火力の砲が出てくる。
ポイントを覚えていないと市街地戦だと空気になりやすい。なお覚えていても空気になる模様。

--Tier8 M40/M43
---さらに大火力!課金弾運用でストレスフリー!!
れーべちゃんをいちげきでしとめたときはちょうきもちよかったです(自走砲初心者並みの感想
---最終砲8inchとなった場合、弾道が少し上がります。
そのお陰か、届かなかった所に届く場合があります。
しかし、リロードが大体40秒と遅く、収束も遅い為、慣れが必要になります。

--Tier9 M53/M55
---密閉型となり、換気扇が積める自走砲。
火力と精度については、OPと戦友でかなり安定します。
最終砲は、良い意味で期待出来ます。
ただし、車体が大きくなり、見つかり易く感じます。
撃つ場所や、カウンターに気を付けて行動していきましょう。
---一撃で、フルHPのT-62Aを吹っ飛ばせる最終砲が素敵です。

--Tier10 T92
---前Tierの密閉型から、オープントップへと変わった。
そして、口径が240mmとなりガンキャノンの同じものが装備出来る。
つまり、気分はガンキャノン。
性能のお話ですが、砲性能については広い射角、そして広範囲の榴弾がある。
そして、AP弾の威力も中々である。
ただし、装填時間がとにかく長い事に注意が必要(大体45秒弱)。
また、機動性能は、前Tierよりも遅くなっている為、これにも注意が必要。
全体的に見ると、Tier10ならではの高火力を持ってるので、当たれば気持ち良いです。
当たれば。

-課金戦車
--Tier2 T7 Combatcar
---優遇あります。
総弾数が1350あります。
適当に撃って、楽しんでください。

--Tier6 M4A3E8 Fury
---優遇は無いです。
映画「Fury」で出演した車両です。
映画のように、Tier7「TigerⅠ」を倒してみてください。
賞賛されること、間違いなし。

--Tier8 T26E4 Super Pershing
---優遇あります(Tier10戦場には入りません)。小隊をやる際には、注意してください。
特別なパーシングです。現地改良された結果です。
欠点としては、機動性が乏しいので、中戦車的な動きが難しいです。
重戦車のような立ち回りが必要になる事が多いです。
砲性能は、そこそこ良好です。
立ち回りこそ、しっかり出来れば、活躍の場が広まります。
硬いと思って、突っ込むのはやめましょう。
*ソ連 [#s8b3a8f7]
**お国柄 [#v0c452b1]
-WGちゃんお気に入り 走ってよし火力よし装甲よしでさいっきょ 
好きな戦車いないどれ乗ればいいのって人は
とりあえずソ連IS-3ルートいくといいよ
-砲がガバガバ、でも高火力。一番絞っても明後日の方向に飛んでいくことがまれに良くある。つまり運ゲーである。
でもISルートなんかは特に割と適当に使っても弾いたりするし、初心者向けなのかもしれない。
**ツリー [#l44a86bb]
-IS-4ルート(重戦車)
--IS重戦車シリーズの一つ
ルートとしては、防御面を重視した戦車が多数あります。
火力的には、今一つ目立った所はありません。
ただ、ソ連戦車特有の火力は有ります。
---Tier5 KV-1→Tier6 T-150→Tier7 KV-3→Tier8 KV-4→Tier9 ST-I→Tier10 IS-4
上記は、ツリーの例となります。
-IS-7ルート(重戦車)
--IS重戦車シリーズの1つ
ルートとしては、火力と機動力が比較的にバランスがとれています。
特に、Tier10の場合は130mm砲が装備出来るのが魅力です。
---Tier5 KV-1S → Tier6 KV-85 → Tier7 IS → Tier8 IS-3 → Tier9 IS-8 → Tier10 IS-7
#br
-obj.268ルート(駆逐戦車)
--特徴的な正面装甲に加えて、隠ぺいの高さが目につく駆逐戦車。
SU-100から分岐される車両になります。SU-152を選択した場合がこちらになります。
ISU-152になりますと、最終砲BL-10が装備出来ます。この威力、圧巻させられます。
そんな感じで、正当進化していく駆逐戦車です。
---Tier6 SU-100→Tier7 SU-152→Tier8 ISU-152→Tier9 obj.704→Tier10 obj.268
Tier6で、Tier10 obj.268、Tier10 obj.263へのツリーが分岐します。
-obj.261ルート(自走砲)
--前半から、ソ連らしい火力があります。
特に後半になりますと、203mm砲が猛威を振るいます。
最初は、ガバガバと、装填速度の遅さがありますが、Tierが上がるにつれて改善されていきます。
良い意味では、自走砲らしい進化をした感じはあります。
ルートとしては、2つあります。
---重戦車ルート
Tier6 KV-2 → Tier7 S-51 → Tier8 SU-14-2 → Tier9 212A → Tier10 obj.261
---自走砲ルート
Tier6 SU-8 → Tier7 SU-14-1 → Tier8 SU-14-2 → Tier9 212A → Tier10 obj.261

#br
**戦車 [#udad77d9]

-軽戦車
--TierⅥ MT-25
---HPが少ないです。足は速く。出力重量比が高いため、加速がいいです。砲は威力は低いですが、連射が効いて貫通もそれなり

--Tier7 LTTB
---軽戦車としては、割と弾く傾斜装甲とある程度の機動力がある。
また、砲も最終砲となるとすごく長い。象さんのお鼻よりながいのね。
軽戦車に必要な物は、揃ってます。
しかし、隠ぺいはAMX1390と比べると・・・・。

--Tier8 T54ltwt
---軽戦車の中では、高いHPと装甲がある。
また、重量もそれなりにある為、ラム(体当たり)で競り勝てる場合もある(※考慮必須)。
ただし、あくまでも軽戦車、無理な戦法は控えめに。
---Tier8拠点、クランウォーでは、主力的存在。
持っていて、損はない車両です。

-中戦車
--Tier6 T-34-85
---映画「鬼戦車」等で有名。
故郷では、沼地などからよく採れるそうです。
機動力は、そこそこでストレスは低いと思われます。火力もそこそこです。オススメ戦車です。

--Tier7 T-43
---間の子ですが、結構扱いやすいです。

--Tier8 T-44
---速い。砲強い。しゅごい。弾薬庫が脆い。搭乗員の弾薬庫保護つけててもよくウッってなる
---122mm砲か、100mm砲が選べます。私的には、精度が良い後期型の100mm砲をお勧めします。

--Tier8 object 416
---皆さんご存知の調理器具、ふらいぱんさんです。
静止時隠蔽率が軽戦車をはるかに凌いでおられます。
そして最終砲を開発したときからこの戦車は高火力、高貫通の強戦車(金食い虫)へと変わるのです。
赤字?金持ちの私には縁のない話ですな(震え声)。

--Tier9 T-54
---正面が割と硬くて砲がなかなか。速度も割と軽快。なんでもこなせる中戦車な一品。
なんといってもここからTier10が2両も作れる。お得!!!Buy Now!!!!!!

--Tier10 Obj140
---ソ連中戦車兄弟の1人。
使い勝手の良い主砲で、通常弾がAPCRの貫通力264mm、課金弾がHEATの貫通力330mmとラインナップは優秀。
足の速さにおいても、55kmと良い感じです。
乗っていて、割とスムーズな運転が出来ます。

-重戦車
--Tier6 KV-85
---拠点モード、中隊戦等で、選ばれやすい戦車。
問題になりやすいのは、主砲選択で100mm砲か122mm砲かで悩まれる方が多いと思われます。
どちらの砲も、課金弾はAPCRなのですが、DPMの差が出てきます。
極論から言いますと、自分の肌に合った主砲で活躍の場を広げて下さい。
余談ですが、こちらがIS-7へのルートになります。
--Tier6 T-150
---何かと開発に対してストレスがある戦車です。
しかし、すべての開発が終われば、別物な戦車になり、良好な出来になります。
車体装甲等も硬めになる為、粘り強さはかなりあります。
かといって、突出してはダメです。
こちらがIS-4へのルートになります。
--Tier7 IS
---火力、装甲、機動力を正当進化させたソ連ぽい重戦車です。
正直、バランスが良くとれている戦車かと思われます。
お勧め戦車です。
--Tier7 KV-3
---初期砲塔では、正にT-150といった具合の為、間違われやすい戦車。
改良砲塔になりますと、なんだろう?バケツを被った何かを彷彿とさせるデザインになります。
しかし、砲塔は硬い為、ご安心を。
車体装甲もそこそこ良くなってるので、防御面においては不満が少ないかと思われます。
ただね、機動力がね・・・。
--Tier8 IS-3
---通常弾、課金弾を詰んでおけば、どの戦場でも活躍できます。
ただし、車体装甲は柔らかい為、車体を隠して撃つハルダウン等が必要になります。
しかし、隠すと車高が低い為、撃てなくなる場合もあります。
砲塔は、弾きやすいですが、弱点でもある箇所があるので慢心ダメゼッタイ
--Tier8 KV-4
---めっちゃ硬い(トップティア並感)
パーツ開発に必要な経験値が地味につらい
乗り出しは砲塔開発までフリーでやってサスペンション買ってどうぞ
硬いといっても正面の覗き穴狙い撃ちされると抜かれてドライバー死ぬ
あと子供砲塔抜かれると車長が死ぬ
内張り特大買うと死亡率下げれて榴弾ダメージも下がるから買おう!(75万シルバー)
りたい(変換できない)を撃たせる感じにすれば長生きできるよ
--Tier9 IS-8
---IS-3の強化版です(カタログスペック)。車体正面装甲が厚くなり、色々強化されました(適当)。
正直、IS-3の方が良かったと思える時があります。でも、頑張りましょう
---つい最近になって、装甲にBuffがされた。バランスが少しだけ良くなって、扱い易くなった。
--Tier9 ST-I
---最終砲塔がでかい。弾く。硬い。
しかし、大きい為、砲塔旋回速度には十分注意を。
車体は、柔らかい為、注意をしてください。
機動力は、重戦車ならではの遅さです。旋回も遅いです。
ただし、体力多めなので頑張れます。ワンパンマンが来たら、諦めてください。
--Tier10 IS-7
---全体的に、装甲強化がされた戦車となります。
傾斜により、ISシリーズらしい避弾が健在となった。
しかし、HPの少なさからくる撃ち合い、砲精度の低さからなる遠距離の狙撃が厳しいものとなっております。
下位戦車との撃ち合いであれば、良い勝負になるやもしれません。
--Tier10 IS-4
---砲塔の硬さ、車体装甲の良さがある戦車です。
特に車体装甲においては、傾斜装甲のお陰で余裕があり、側面にも余裕があります。
また、車体正面の覗き窓以外は良好な装甲を保持しています。
しかし、Tier10戦場であれば、あまり意味を成さない為、なるべくなら、車体を隠していきましょう。
砲塔ですが、正面、側面が良好であります。
私的評価としては、ソ連らしい重戦車の一品になった気がします。

-駆逐戦車
--Tier6 SU-100
---若干の傾斜装甲?と、火力の高さが売り。
お勧め車両です。
--Tier7 Su-100M1
---軽快な動きと、精度の良い主砲に目がいくそんな駆逐車両。
装甲は、正面を向けていれば、弾く時は弾く(戦闘室だけかもね)。
旋回の速度も悪くないので、色々幅は効く。
しかし、旋回砲塔ではないので、注意が必要。

--Tier7 SU-152
---浪漫砲が、最初から装備可能。
当たれば、大ダメージが必須な152mm砲で頼れる駆逐戦車。
(貫通するとは言ってない)

--Tier8 ISU-152
---最終砲、BL-10が脅威となる。
まさに、それに尽きる。ただし、油断は禁物。
リロードが遅い、ソ連特有のガバガバ補正。

--Tier8 SU-101
---前Tierの機動力を維持しつつ、火力と装甲を手に入れたそんな駆逐車両。
際立った所というと、隠ぺいの高さである。
同TierのRhm.には負けるが、それでも高い。
なので、隠れて撃つ事で嫌がらせが出来るぞ!!
やったぜ。

--Tier9 obj.704
---正面が傾斜装甲となり、弾く時は弾く。
ただし、油断は禁物。逝くときは逝く。
過信せず、慎重に動いてください。
なお、BL-10は開発が終わっていたら、すぐ装備出来ます。
--TierⅨ SU-122-54
---射角が狭いです。あとは、旋回が早いです。そのため、敵を追っかけていると回りすぎます。
性能は、砲はそれなり、足は速い、硬くはないという感じ。
あまり前に出すぎるとすぐ死んじゃうので注意
--TierⅩ obj.268
---隠ぺいの高い、駆逐戦車となります。
ただし、砲塔が無い為、撃てる範囲が極端に狭いです。
火力は、問題無いと思いますが、時たまにガバガバ補正があるので、
狙撃する際には、注意してください。

-自走砲
--Tier5 SU-122A
---形状は、同国の駆逐戦車「SU-76」に酷似してます。
しかしながら、ここで恐ろしいのは最終砲です。
正に一撃必殺の火力を有しております。
浪漫が溢れます。
--Tier6 SU-8
---なんか、可愛らしい形をしており、存在感が結構あります。
なお、隠ぺいはかなり悪いので、気を付けてください。結構、ばれやすいです。
ただ、砲性能が優秀な部類に入る為、頑張れます。
しかし、射界が結構特殊な為、気を付けてください。
--Tier7 SU-14-1
---ここから、突然火力がうなぎ上りな砲が出てきます。
203mm砲というなんか人に撃ったら、やばい奴です。
この砲になりますと、リロードが45秒近くと長くなり、弾数も152mm砲に比べると、半分の16発になります。
試合時間が大体15分ですので、弾切れの心配はないかと思われます。
しかし、ここから射界がぐっと狭くなりますので、注意してください。
なお、隠ぺいは無い物と思ってください。
--Tier8 SU-14-2
---砲は、引き続き203mm砲が最終砲となるので、開発済みであれば装備が直ぐ可能です。
リロード時間が若干短くなり、弾数も若干増えます。
お気づきの方も多いと思いますが、ここからオープントップではなくなるので
オプションパーツとして、換気扇が付けられます。お勧めですよ。
隠ぺい?なにそれ?美味しいの?
--Tier9 212A
---砲の精度、機動力等が高くなった為、大分印象が変わります。
また、防盾に当たりますと、時たまに弾きます。
あと、車体でも弾く時はあります(筆者経験談)。
また、引き続きになりますが、砲は203mm砲が最終なので、これまたお世話になります。
多分、Tier7からずっとお世話になってるやも。
性能は、先ほど述べた通りで、精度が良くなってるのと、リロード時間が大分縮まった為か火力に不安が消えた感があります。
若干、車体が小さくなった感があります(小並感)。
--Tier10 Obj.261
---ソ連のガバガバ補正が無い、砲精度に注目出来る自走砲。
それこそ、AP弾による撃破、ダメージにも期待が出来ます。
ただし、欠点に目を向けますと、低弾道である事です。
これは、自走砲としては、かなり泣きを見る事があります。
届く届かない、そして、ちょっとした起伏で射線が通らないが、次々と上がります。
また、解放型になってしまった為、オプションパーツである換気扇が付けられません。
筆者の総評としましては、高精度、高初速からなる撃破、ダメージの期待値があります。
また、機動性にもストレスが少ない事です。
単発火力は、前者の212Aに劣りますが、問題など感じさせないバランスの良い自走砲と筆者は思います。

-課金戦車
--Tier3 T-127(軽戦車)
---優遇あります。小隊を組む時は、注意してください。
ある程度の機動力があり、初心者相手にはNDKして稼ぐ事も出来ます。
火力は、そこまで高くはなく、無線範囲もお世辞にも優秀というわけではないので、
孤立して戦うのではなく、なるべく固まって動きましょう。

--Tier4 T-28E With F-30
---優遇は無し。中戦車。
T28に、Tier6の主砲を付けてみました。そんな鬼戦車。
Tier4で、AP弾120mmという驚異の貫通力。
決して、悪くない火力に目を奪われがちですが、結構精度はガバガバ。
でも、乗ってて楽しい車両です。

--Tier5 KV-220-2(重戦車)
---優遇あります(Tier6まで)。小隊を組む場合は、注意してください。
同Tier帯になった場合は、その防御力に圧巻させられます。
まず、硬い車体装甲により、弾いてくれる場合があります。
しかし、砲が貧弱なので、相手を倒すのに苦労します。
味方に撃ってもらいましょう。
---11月末のアップデートでHD化され、名前も変更されました。

--Tier5 Churchill Ⅲ(重戦車)
---優遇あります(Tier6まで)。小隊を組む際は、注意してください。
同Tier帯であれば、粘り強さを発揮します。
ただ、攻撃面は、そこそこなので、味方の盾となり、前線での活躍が主となります。

--Tier6 T-34-85M(中戦車)
---優遇は無い。
同Tierに存在する同格の「T-34-85」を装甲強化した車両です。
その代り、機動力が犠牲となったので、注意してください。
砲性能は、問題ないのですが、過信せず動いてください。
弾くときは弾く傾斜装甲ですが、被弾を意識せず、弾いた時はラッキー!と思ってください。

--Tier7 SU-122-44(ぷれみあむたんく)
---ぷれみあむたんくが同格ノーマルタンクより強い。なんてことはあんまり無い中割と評判が良い車両。
でもね、見て下さい、この弾きそうな正面の傾斜装甲。素晴らしいでしょう??いかにも弾きそうです。
ええ、弾かないんです。運用が間違っている??いやそんなことは・・・、うっ頭が・・・
#region(画像)
&attachref(./SU-122-44.jpg,nolink);
#endregion

--Tier8 IS-6(ぷれみあむたんく)
---気まぐれで弾くよくわからないヤツ。ガンガン抜かれる日と、ガンガン弾く日がある。なんなの。
砲は貫通unkoだからGoldAmmo必須。足回りがいい感じだからぷれみあむタンク(Tier8)の
中でもいい感じで動きやすい。FCM 50t?知らない子ですね


*ドイツ [#ve940840]
**お国柄 [#y93d6c11]
-ポルシャ博士の手がけた変態戦車祭り
高Tierになるとちゅよい
-砲の精度が売り。中遠距離からでも弱点を狙っていける凄いヤツ。
車体の使い方で生存率が大きく変わったりするし、腕を問われる車両が多い気がする
**ツリー [#sb7feed4]
-Maus(超重戦車)ルート
--耐久値が3000と高い重戦車。
某ディズニーアニメでも出演しております。
弱点は、ネズミ取り器という皮肉たっぷりな物でした。
近年では、日本のアニメでも出演して、当時は盛り上がった方もおられるかと。
ただし、このルートは、中々癖のあるルートになります。
興味がある方は、是非お試し下さい。
---Tier6 VK30.01(P)→Tier7 Tiger(P)→Tier8 VK45.02 Ausf.A→Tier9 VK45.02 Ausf.B→Tier10 Maus
上記は、Mausにおける簡単なツリーの流れです(筆者のルートでは、こう進めました)。 
#br
-E100(重戦車)ルート
--クランウォーズには、必ず出てくる戦車です。
また、ルートの戦車たちも、有名で人気がある戦車たちです。
お勧めでもあります。
--ただし、道中の戦車は有名であるが為なのかどうかは分かりませんが、
これに乗ってれば、さいつよという訳ではないですよ?
---Tier6 VK 36.01(H)→Tier7 TigerⅠ→Tier8 TigerⅡ→Tier9 E75→Tier10 E100
上記は、E100における簡単なツリーの流れです(筆者のry)。
#br
**戦車 [#jd373eb5]
-軽戦車
--Tier8 Ru 251
---WoT内最速。
WGL韓国大会では主力となった戦車。
T-49などと組んで奇襲など、考察すればするほど面白い戦車。
---足が速い 装甲ない 砲性能よし
BC25tのせいで軽戦車の動きというよりも中戦車の動きをしたほうがいい場面が多かったりする
でも仕事がないわけじゃないよ!

-中戦車
--Tier6 VK 30.01(P)
---ポルシェシリーズ、始動。
特徴的な大型な車体、前部寄りの砲塔。
そして、単発火力の高い主砲を装備出来ます。
ただ、耐久値がそこまで高くないので、気を付けて動きましょう。
余談ですが、Mausルートです。また、次は重戦車にクラスチェンジします。

--Tier6 VK 30.01 (D)
---車体に施されてる傾斜装甲、そして、精度のそこそこ良い主砲。
特徴の無さが、際立ってます。
ただ、単独で動いても戦果をあげにくいので、まとまって動きましょう。
こちらは、レオパルド1ルートになります。

--Tier6 VK 30.02 (M)
---大型の車体に傾斜装甲を取り入れ、砲塔もそこそこの硬さを持つ。
機動力には問題が無く、ストレスは無いと思われます。
また、砲性能もそこそこ良いので、安定したダメージが取れるかと思われます。
こちらが、E50Mルートになります。

--Tier7 VK 30.02(D)
---軽快な機動力、防御力を発揮出来ます。
車体に施された傾斜装甲のお陰で、弾く時は弾きます。
しかし、攻撃面では、大分劣ってるので、なるべく早めに改良砲塔にして、
主砲を付け替えましょう。

--Tier7 Pz.Kpfw. V Panther
---パンサー、パンターなどで言われてます。
かなり大型化した車体、それにより失われた隠ぺい率。
しかし、防御面では傾斜装甲により、それなりに弾きます。
砲塔も、中戦車なりの硬さです。
火力は、まぁ・・うん、あればいいね・・・。地道に頑張ろ?

--Tier8 Indien-Panzer
---インディアン パンツァー、略してインパ(適当)。
中戦車としては、硬い砲塔を装備してます。
車体装甲は、そこまで厚めではないですが、そこそこの機動力があります。
最終砲になれば、安定した戦果が出るようになります。
無理な突撃を控えつつも、嫌がらせに相手の弱点を撃っていく。
ファンメが来たら、ブラックリストへどうぞ。

--Tier8 PantherⅡ
---車体装甲の強化、砲の強化と正当進化しています。
ただし、あくまでも中戦車ならではの装甲です。
傾斜装甲を積極的に取り入れてるドイツ戦車ですが、過信せず動きましょう。
主砲も、最終砲となれば活躍の場が広まります。

--Tier9 Leopard prototyp A
---やってまいりました、レオパルドシリーズの試作型。
開発する数こそ少ないのですが、そこはTier9で、経験値が大量に必要となります。
また、私的感想になりますが、弾薬庫が脆い気します。
修理キットで直した後、また損傷なんてよくあります。
ただし、戦後戦車らしいデザインなので、フォルムは悪くないです。
最終砲になると、通常弾でAPCRになります。結構、良いダメージが稼げます。

--Tier9 E50
---据え置きが結構あるのですが、これまた攻撃面で辛い。
防御面では問題ないのですが、やはり初期砲塔、初期砲ではかなり苦戦します。
だからといって、主砲開発しても、重くて載せられない。
重要なのは、先に履帯を開発しておく事です。
また、改良砲塔になれば、載せられる砲が増える為、良い結果になりやすいやもです。
ただね、開発のストレスは高いと思います。
忍耐力が試されます。

--TierX Leopard 1
---装填速度、俯角が向上して扱いやすくなります。弾薬庫は例のごとく脆いです。左側面は見せないようにしましょう。
防御面は聞かないでください死んでしまいます。速いのですが出きるだけ前に出ず、狙撃する方が後々チームに貢献できます。
砲塔の旋回が少し遅いです。後は...自走砲と榴弾に注意。
---HDモデルが出て発狂しそうになった人がいるとかいないとか。たまに謎装甲を見せてテンションが上がる。

--Tier10 E50 Ausf. M
---パーフェクトTigerⅡとも言われる車両。
精度の高い主砲を装備しているが、如何せんDPMはそこまで高くないので注意が必要。
また、装甲も強化されています。しかし、油断は大敵。脆いといわれる内部モジュールには注意が必要です。
乗っていると、「おぉ~弾く~」という時もあります。
車体下部などに注意しつつも、砲塔の柔い箇所に気を付けていきましょう。

-重戦車
--Tier6 VK 36.01(H)
---機動力、耐久値が高い重戦車。
耐久値が高い為、ダメージ交換で勝るタイプ。

--Tier7 Pz.Kpfw. VI Tiger
---タイガー1戦車。
世界的にも有名なドイツ戦車。
ただし、映画やアニメの様な超弾くという訳ではない。
豚飯や昼飯の角度を使いつつも、無理をして前に出過ぎない。
これに乗ってるから、さいつよは無いので、意識して行動しましょう。
余談ですが、E100ルートになります。

--Tier7 Pz.Kpfw. VI Tiger (P)
---P虎、ポルシェティーガーとも言われます。
なんといっても、車体正面装甲の硬さです。
しかし、見た目でも分かる通り、どこか厚いのかがわかり易いのです。
「硬いぜー!→突出→溶ける。」なんて、コンボはやめましょう。
動きとしては、無理をせず、確実にダメージを与えていきつつも、出る時はしっかり出て抑える。
そういう動きをしていきましょう。
---余談ですが、駆逐戦車ルートにも行けます。

--Tier8 Pz.Kpfw. Tiger II
---砲の精度やばい(いい意味で)。ソ連乗った後だと感動物。
ちゃんと使えば割と弾く凄いヤツ。ちゃんと使ってこ??

--Tier8 VK 45.02 (P) Ausf. A
---× 重戦車らしく正面から勇敢に戦う!
○ 重戦車だけど中戦車のような戦い方を意識する、装甲はないようなもの
◎ 課金ちからを生かして次に行く

--Tier9 E75
---車体装甲、火力、機動力に不満が無い戦車です。
ここまで来ますと、ハルダウンや豚飯、昼飯等の手腕が色濃く出てきます。
また、戦闘次第では、格上となるE100に圧倒する事も出来ます。
あと、砲塔側面や、キューポラ等は柔らかい為、回り込まれぬように注意してください。
小隊等を組んで助け合って行けば、活躍の場が広まります。
お勧め車両です。

--Tier9 VK 45.02 (P) Ausf. B
---車体めっちゃ弾く Mausより弾ける気がする(あれ?マウス行かなくてよくね?)
でも砲塔とキューポラは抜かれる。そんな戦車
---前のTierとは違い、後部に砲塔が付いてます。
稜線を超える等の攻撃、移動の際には、注意が必要になります。

--Tier10 E100
---Mausよりも、耐久値が低いですが2700と多いので、粘り強さはあります。
また、重戦車の中で唯一750ダメージを出せる砲が装備出来ます。
弾道が山なりの為、幾分慣れが必要になります。
そして、車体装甲についてですが、スカートと言われる車体角の部分が柔らかい為
スパスパ抜けます。
砲塔も、頂上部にある四角い測距義がえらく柔らかい為、抜けます。
如何に隠して、相手に撃たせてから撃つをやらねばならない所も多々あります。

--Tier10 Maus
---重装甲が売りのドイツ最強戦車・・・って思うじゃん?
Tier10戦場はゴールドアモォゥが普通に飛び交うことが多いので同Tier駆逐には結構抜かれる
さらに自走砲にも狙われちゃうね
自身の火力も高くないので味方に撃ってもらうために集団での行動を意識してこ
他戦車「おっしゃいくぞ!」 Maus「あっ、待ってくださいよ!」
---なお、最後まで生き残ってると、フルボッコにされる。
その際、弾きまくると、テンションだけが上がる。
---また、車高が高い為、車高の低い戦車に引っ付かれると、対処出来なくなります。
しっかり、味方との連携を意識して、活躍の場を広げて下さい。

-駆逐戦車
--Tier5 Pz.Sfl. IVc
---箱!マッチングが重戦車扱いなんだけど(は?)
【あーいいっすね!】 砲火力がいい
【まずいですよ!】 装甲ない 隠蔽そんなによくない
かきんちからのある人は飛ばしたほうが精神にいいよ!
--Tier6 JagdPz IV
---車体の低さを利用し、無理をせず後ろからの狙撃か
15mルールを使っての一方的な射撃を楽しめる車両となります。

--Tier6 Nashorn
---前の車両と砲の互換性ないからまた開発しないといけないね!(SHINE!)
でも前の車両からあんまり変わってないよ 飛ばそう?
ちなみに重戦車扱いマッチングも健在だよ!やったね!
--Tier7 Sturer Emil
---砲火力とアメリカもびっくりの俯角 でもそれ以外ゴミ
乗るのなら最終砲まではフリー経験値を使わないと非常につらい
--Tier7 Jagdpanther
---名前の通り、パンターの車体を使っているため、注意が必要。
特に車体下部。
--TierⅧ Ferdinand
---みんなが思っているほど硬くない。むしろやわらかい。弱点がはっきりしているので同格の中戦車にもサクサク抜かれます。
ただし、砲は優秀なので距離をつめすぎない。しっかり駆逐運用すれば使えない戦車ではないです。
--Tier8 Jagdpanther II
---車体が弱点となっておりますが、それを隠して如何に戦闘するかが問われます。
戦闘室の硬さは、結構自信が持てます。
しかしながら、回らない砲塔な為に注意が必要となります。
--Tier8 Rhm.-Borsig Waffentrager
---このルートで一番輝いてる戦車(筆者談)
隠蔽やばい(いい意味で)
砲は2種類から選べますお客様
でも15cmの砲は課金弾じゃないとしんどい
--Tier9 Jagdtiger
---前Tier同様に回らない砲塔の為、遠距離攻撃を主体に立ち回りますと楽しいかと。
また、戦闘室の硬さを利用していく場所の戦場であれば、十分に活躍の場が広がります。
--Tier9 Waffentrager auf Pz. IV
---Rhmより火力上がってるけど俯角取るために後ろ向きになったりと
めんどくさいことが増える
Rhmより隠蔽下がってる(まずいですよ!)
--Tier10 Waffentrager auf E 100
---わっふぇんさんですね、ええ
この方は敵の視界範囲に踏み込んだ瞬間に見つかります。
シックスセンス?いらないですね、ばれてますから。
しかし、1マガジンでE100などの高HP重戦車を葬るパワーがあります。
それゆえにキルできる車両がほぼ全車両となっております。
目の前の敵を確実に仕留め、リロードをしつつ味方に守ってもらう車両です。
15cm砲?そんな砲は存在しないですね、はい。

-自走砲
--Tier4 Pz.Sfl. IVb
---正面60度という広い射界をもつドイツ自慢の自走砲。
主砲のバランスもよく、自走砲の練習にうってつけの一台。直射の練習にもどうぞ

--tier5 grille
---IVbから一転、射界が正面10度と1/6になり、慣れるまではほとんど当たらないことも。
そこそこの射程距離と、高弾道、高めの火力で、慣れると楽しいそんな一台。
十分練習してから乗りましょう(体験談)

--tier6 Hummel
---すべての性能がいい感じにまとまっている良車両。この車両の後期砲以降、低弾道車両になるため、
以前撃てた場所が撃てないといった事象が頻発する。なお、隠ぺい率は結構低いため注意が必要。
※搭載砲について
後期砲は単発火力こそ向上するものの、装填速度がかなり遅くなり、低弾道のため固いところに当たりやすく
一発の期待ダメは初期砲と大差なくなってしまうため、初期砲の方が使いやすい場合が多い。各人の好みによるが注意
なお初期砲運用していると「lol stock」というチャットが飛んできたり、優等マークが見えにくいといった難点もある。

--tier7 G.W.panther
---このルートの全て。低弾道ではあるが、射界60度、高火力、高精度、そこそこの機動力とかなり使いやすい自走砲。
非貫通でも500ダメ、貫通すると1200ダメがあなたの口の中に広がる。おいしいです、はい。
比較的弾速も早いので、偏差射撃や直射がしやすいのも特徴。むきずのてぃーよんじゅうきゅういちげきでごちそうさまでした。
なお隠ぺい率は絶望的なので鉱山、エンスクとかはあきらめましょう。

--tier8 G.W.tiger(P)
---火力。ただそれだけ。

--Tier9 G.W.Tiger
---前Tierの最終砲が、そのまま使えます。
装填時間も若干ながら短くなっていますが、それでも注意が必要です。
車体の長さが若干短くもなっております。
ただし、前Tierと同様に機動性はそれほど高くありません。

-課金戦車
--Tier3 T-15(軽戦車)
---優遇は有りません。
Tier5とも当たりますので、注意しましょう。
逆に普通の戦車と組んでも、何ら問題はないです。

--TierⅦ E25(駆逐戦車)
---足早い、隠蔽高い、連射効く。(いろいろ積んだり、スキルつけると約2.5秒に1発撃てます)場合によっては弾が無くなります。車高が低く俯角もあまりないのでその辺注意。
Tier優遇戦車。TierⅧまでしか当たりません。小隊組む時は注意
---また、マッチング時には、重戦車と同等の扱いなので注意してください。

--TierⅧ JgTig.8.8 cm(駆逐戦車)
---優遇有ります。正面は硬い。足は遅い。リロードは早い。(約4.5秒に1発撃てます)足が遅いので、初動が重要。反対が溶けると戻れません。正面は同格であればほぼ弾きます。ただし、車体下部は絶対見せちゃダメ。(ここ重要)あとは、高い連射力を生かして相手に撃たせたら2発はぶち込めます。街MAPがお得意の戦車

--Tier8 Panzer 58 Mutz(中戦車)
---平成28年2月5日に販売となった中戦車。
優遇は無し。通常マッチングとなります。リロードは、戦友&装填棒、換気扇で6.60秒。命中率は良好。俯角が、-10°(一部出っ張りあり)。
貫通力もあるし、威力もある主砲。足回りも悪くない為、ストレスは低め。
あれ?強くね?
---但し、装甲はある程度の為、油断は出来ない模様。

--Tier9 T55A(中戦車)
---パーソナルミッション報酬車両。
ほぼ、ソ連中戦車「T-54」とも言える。
運用も、ほぼ同じ感じとなる。
優遇もなく、Tier10まで当たります。
悪くはないのですが、如何せん突出した特徴もあまり無い。
でも、バランスは良いですよ。
*フランス [#fca26b9b]
**お国柄 [#j7211c4c]
お前戦車で戦ってないだろ!
妄想もいい加減にしろ!
-色が独特である。
**ツリー [#ifedb77c]
-新しくルートが少し増えました
**戦車 [#o4c636f6]
-軽戦車
--Tier5 AMX ELC bis (旧名 ELC AMX)
---アヒルがゴキブリに目覚め始めた戦車。
高ティアマッチされても、逃げ切れる足と抜ける主砲が素敵。
この戦車が後半まで生き延びることにより、チームに多大な貢献ができる(芋れとは言ってない)
フランス軽ルートはここまでフリーで跳ばすのがお勧め。
---つい最近、HD化されて、名前も変更されました。

--Tier6 AMX 12t
---唐突に、自動装填となります。
総弾数が少ないので、注意してください。
(総弾数、36発。6発装填、つまり6回の掃射で、弾切れ。)
機動力は、そのえと、早いですよ!!エンジンの調子が悪いだけですよ、今はきっと。

--Tier7 AMX 13 75
---AMX 12tの強化版とも言える車両です。
据え置きが目立ちますが、問題であった加速性能は、幾分解消されました。
また、弾数も増えてました。
装甲については、正直心許ないですが、偵察役に徹して
最後まで生き残れれば、貢献は間違いなく出来ます。

--Tier8 AMX 13 90
---火力、貫通力を強化した車両。
前Tierの弱点を無くし、そのまま強化した感じなのですが、
オートローダーであるが故に、撃ち切ってしまうと再装填に時間が掛かります。
また、エンジンなどの内部モジュールが柔いので、注意しましょう。
しかし、軽戦車としては破格の性能はあります。

-中戦車
--Tier10 Bat.-Chatillon 25 t
---クランウォー、拠点モードでは大人気。通称「バッチャ」。
とあるTier10に、その地位が脅かされている。
脱線しました。
Tier10になると、ほぼ開発が完了しているが、この車両は
最終砲にするのに、また開発する必要があるので、注意が必要。
性能面では、装甲以外は割と高い性能となっている。
自動装填なので、一人で動くと撃ち切った後に手痛い仕返しが待ってるので、
なるべく、集団で動きましょう。
足の速さも悪くない為、速度的には問題は無し。

-駆逐戦車
--Tier6 ARL V39
---特徴的なフォルム(串)で、前後の装甲がちょっと厚めです。
砲は、最終砲まで行きますと、大分楽になります。
貫通良し、火力もそこそこです。
この辺りから、薄々気づいてくるかと思われますが、砲が結構共通です。
例えば、ここを育てていくと、別クラスの重戦車の砲が開発完了になっていたりします。
何気に、開発に対してのストレスは低めかと思います。
脱線しました。
機動力は、フランスの中では悪いかと思われます。
--Tier7 AMX AC mle. 46
---突然の変わりように、驚いたかと思われます。
傾斜装甲のような車体装甲、でかい測距義。
火力、機動力には、問題無く活かせるかと思われます。
--Tier8 AMX AC mle. 48
---正面の装甲が傾斜装甲となり、割と弾く時は弾く。
ただ、近距離で撃たれると抜かれる。
精度は、それほど悪くない為、しっかりと絞って撃てば当たります。
旋回速度は、早いです。

-重戦車
--Tier6 ARL44
---開発初期の砲塔に、びっくりする方が多数のはず。
でも、ご安心ください。目立ちますから、戦場の人気者間違い無し!
目立ちたくない人は、早めに改良砲塔にしましょう。
火力、機動力悪くありません。ただ、装甲が若干不安要素です。
--Tier7 AMX M4 45
---近代的なフォルム?と、砲塔の位置がARL44に比べて前部になった。
傾斜装甲のような車体に、角ばったデザインの砲塔。
また、最終砲が優秀です。そこそこの貫通力を誇ります。
機動力も悪くない為、ストレスは低めかと思います。
--Tier8 AMX 50 100
---ここから、自動装填となり、扱いが少し変わります。
砲は徐々に、精度、貫通力、威力が上がっていく感じです。
機動力は、そこそこ悪くない為、活躍の場が多いかと思います。
(ただし、自動装填は、撃ち切ってしまうと、再装填に時間が掛かる為、注意してください。)
--Tier9 AMX 50 120
---順調に、育ってきてます。
砲は、前回のAMX 50 100で育てた最終砲が使えます。
しかし、最終砲があるので、早めにそちらに切り替えると、火力に違いが出ます。
機動力、大分上がってきてます。
--Tier10 AMX 50B
---前Tierをしっかりと強化した車両。
特に、撃ち切った後の装填時間が短くなった為、ストレスは低くなった。
しかしながら、車体の形状やら、砲塔の形状やらの影響かどうかは不明だが、
装甲面については、割と抜かれやすい。
なので、撃ち合いは避けて、倒せると思える敵を狙っていこう。
また、装填数も4発と少ない為、注意が必要です。

-自走砲
--Tier6 AMX13 F3 AM
---軽快な動きが出来る自走砲です。
威力もそこまで悪くないのですが、不安要素でもあるので注意してください。
また、この車両だけなのかは分かりませんが、後ろに射撃判定があるみたいなので
後ろに何か障害物、もしくは味方がいた場合、自爆、もしくは撃破してしまう恐れがあるので
注意してください。
フレンドリーファイアダメ絶対。

--Tier7 Lorraine 155 mle. 50
---これまた、軽快な動きが出来る自走砲です。
陣地転換など、容易いですぜ。
火力もそこそこありますが、過信せず動きましょう。
また、しっかりと砲が中で納まってる為なのか分かりませんが、
後ろに射撃判定が無くなりました。
やったぜ。

--Tier8 Lorraine 155 mle. 51
---軽快な動きを維持しつつも、最終砲で火力も手に入る自走砲です。
Tier8の中では、火力がイギリス自走砲と並び、1250と低い値です。
しかし、精度と装填時間で、魅力があります。
そして、何よりも、機動力の高さが売りです。
相手に「お?あそこにおるな」→「おらんな」が出来ます。
未発見の場合は、陣地転換が上手い人です。

--Tier9 Bat.-Chatillon 155 55
---全周が出来る他、機動力にも問題が無い自走砲です。
しかし、Tier9の自走砲の中では一番火力の低く、弾道もまた低い車両です。
ただし、精度としまりがよい他、装填時間も良い為、バランスがとれております。
抜ければ、1000桁なんて余裕っすよ

--Tier10 Bat.-Chatillon 155 58
---全周出来る砲塔、隠ぺいの高さがある自走砲。
オートローダーとなり、4発装填(装填完了まで72秒)。
火力は据え置きとなります。
しかし、機動力の高さは健在。
逃げる時は逃げれます。
小隊で組めば、誰かが履帯を切り、また誰かがダメージを入れ、履帯を切る。
そんな相手の毛根を刺激出来る攻撃が出来ます。

-課金戦車
--Tier3 FCM 36 Pak 40(駆逐戦車)
---優遇は無いです。
劣悪な機動性で、遅い。
しかし、侮ってはいけない視界範囲が400mという驚異の広さ。
下手すると、高Tierよりもあるという。
また、砲性能も良好で、AP弾で貫通力98mmという高さである。
APCRも装填出来る為、レートは高い。
だが、弾数が無いので、無駄弾を控えて確実に当てていきましょう。
小隊を組んで行けば、ボトムTierでさえ勝利に導ける可能性の獣。
お勧め車両です(筆者より)。

--Tier5 105 leFH18B2(自走砲)
---全自走砲が、視界Nerfを食らった中、唯一除外された広範囲の視野を持つ自走砲。
また、リロードが8秒弱と早い為、絞ってる間にもう装填が終わってるなんて事もあります。
履帯ハメをして、相手の毛根を刺激してみよう!!
総評として、お勧め車両になります。

--Tier8 FCM 50t
---課金戦車です。優遇あります。
AP弾の貫通力が高く金弾運用が必要ないレベルです。
ただ、この子は車体が大きい上に装甲が薄い。(正面が少し硬いかも?)
旋回性能と加速性能、最高速度は重戦車のそれを大きく超えており、確実に中戦車並です。
つまりこの子は中戦車の動きをし、そのHPと火力で敵中戦車相手にオラオラする戦車です。
運用が難しい?難しいと感じる時点で運用方法をまちがっているのでは?
*イギリス [#ca323522]
**お国柄 [#k01a2920]
-変態紳士の国
クセのある戦車多くて人を選ぶ
-名前と見た目がかっこいい戦車が多い。性能ってなんだっけ・・・
-おい誰か持ってねぇのかよ!?
-↑持ってるわよ!
**ツリー [#p7f49892]
-CenturionActionX(中戦車)ルート
--クロムウェル、コメット、センチュリオンを経てこの戦車のルートは完了となります。
段々と機動力が落ちてきたような気がするけど、エンジン出力でそこはカバーされております。
人気な車両と、高Tierとなっていくと、HESHが扱える主砲を楽しんで下さい。
ただ、巷の噂では、Tier9が一番良いのでは?と言われており、Tier10に行くかはお任せします。
11月末に、名前と車両が変更されました。
-FV215b(重戦車)ルート
--チャーチル戦車を経て、最終的にはバランスが取れた戦車となる。
癖があるイギリスの中では、優秀な砲とHPの多さで、良い物となってる。
**戦車 [#s6d03fe8]
-軽戦車
--Tier2 Cruiser Mk.Ⅲ
---Tier2駆逐戦車の視界nerfのおかげでTier2ではトップクラスの視界を持つ戦車。
驚くべきはその俯角である。-15°という下を向くためにある戦車。(日本のTier1のほうがさらに下を向くだと、知らんがな)
そして高貫通の2-pdr砲と高火力のPomPom砲を使い分けることで前線でも後衛でも戦える戦車。
装甲はT1に軽くひねられる程度しかないですが、なに当たらなければどうということはないぞ。
天敵は機関砲です。まじであいつらやめろし。
-中戦車
--Tier6 Cromwell
---中隊戦や、拠点モードでは人気車両。
機動力は悪くなく、砲火力もそこそこある。
お勧め戦車です。
--Tier7 Comet
---初期砲塔は、まんまCromwellです。
改良砲塔で、大分変化します。
ただ、砲は侮ってはいけない。
動き次第では、活躍の場が広まります。
--Tier8 Centurion Mk.1
---ここから、センチュリオンシリーズが始まります。
また、改良砲塔が同じTier8のCaernarvonとほぼ同じ形してます。
砲性能は、悪くなく、機動力もそこそこあります。
南アフリカの軍隊やイスラエルの軍隊では、センチュリオンシリーズを魔改造して現役で活躍中です。
--Tier9 Centurion Mk.7/1
---最終砲、最終砲塔になりますと、形ががらっと変わります。
最終砲は、威力、精度悪くないです。
特に最終砲は、通常弾でAPCRなので、大分違います。
また、高Tierのイギリス特有の弾とも言えるHESHが扱えます。
---巷の噂では、Tier10にいかない方が強いと言われてます。

--Tier10 CenturionActionX (旧FV4202)
---現代戦車のようなフォルムが特徴的。
そして、主砲の性能は、改良されております。
装填速度などに違いがあります。
攻撃面では、かなりバランスの良い仕上がりと筆者は感じております。
では、防御面についてですが、かなり不安があります。
まず、砲塔にですが、主砲についてるはずの防盾がありません。
いや、あるのかもしれません。ただ、みえねぇよ・・・。
また、車体装甲も傾斜装甲となっておりますが、センチュリオンと比べますと・・・・。
最後に総評としまして、悪くはない機動力、攻撃面においてAPCR、HESHと扱える主砲。
防御面では、不安が残る等があります。
撃ち合いをするのではなく、隠れつつもAPCRとHESHを上手く使い分けていけば戦果が稼げると思います。
---旋回速度の遅い戦車が対象になるけども、回り込んでHESHを打ち込んでどうぞ。
---整形しました。

-重戦車
--Tier5 Churchill Ⅰ
---やってきました。チャーチル戦車。
見た目からして、大きな履帯に丸出しな履帯です。
被弾するとすぐ溶けてしまいます。
慎重に進みながら、相手を押し込んでいきましょう。
また開発していくと、駆逐戦車か重戦車か選べます。
多くの人は、重戦車へと行くでしょう。
--Tier6 Churchill Ⅶ
---履帯にカバーを付けて、大分硬くなった印象。
また、装甲も厚めなので、同Tier帯であれば、粘り強さが出てきます。
極力、無理な突撃は控えて下さい。
カタログスペックだけ見て、こいつ硬いはず!と突っ込んでいくと溶けます(筆者経験談)。
--Tier7 BlackPrince
---装甲を改良して、またさらに粘り強くなった印象。
砲も性能が向上しており、大分使い勝手が変わります。
機動力は、やはり控えめに言っても、悪いので気を付けてください。
--Tier8 Caernarvon
---今迄のチャーチル戦車ではない、真新しい戦車な雰囲気。
車体装甲では、まず傾斜装甲を取り入れてます。
砲塔も、センチュリオンとは違いますが、似た形となっております。
(カーナーヴォンがMk2で、センチュリオンがMk3なので、共通ではないので開発には注意してください。)
砲も、戦車らしい物へと変わりました。
--Tier9 Conqueror
---最終砲、最終砲塔で大分化ける戦車。
近代的なフォルムにもなります。
車体性能も悪くなく、機動力も若干良くなりました。
砲も最終砲になれば、割とストレスが少なくなるかと思われます。

--Tier10 FV215b
---前者のコンカラーと違い、後方に砲塔が存在している。
最終砲のDPMも上がり、また精度も高くなって、攻撃面においてはかなり期待が出来ます。
しかし、弾数については心許ないものがあり、無駄弾は控えてしっかり狙うと良い戦果に繋がります。
また、HPも2500と高く、車体装甲等も割と硬くなった為、全体的に良くなってます。
ただ、注意して欲しいのは、下部と砲塔の露出している基部を如何に隠して撃つかが、課題になります。
イギリス戦車の中では、割と優遇されてる気がするそんならしい一品となっております。

-駆逐戦車
--Tier5 AT2
---やってきました、ATシリーズ。
同Tier帯の戦場で出会えば、皆抜けない!と叫ぶ。
とある人のお気に入り戦車?
動きが遅く、また装甲が厚いというイギリスの本気が窺える。
しかし、防御に極振りした結果、攻撃の面ではそこまで期待出来ません。
根気がいる戦車やもしれません。

--Tier6 AT8
---よっしゃ、硬くして更に砲を増やしたぞ!!完璧だ!
とは問屋が卸しませんでした。
実は、正面に見える右側の副砲が弱点でして、溶接跡が結構丸見えなんです。
これを如何に隠して戦うかが、手腕を問われます。
また、機動力も悪いので、移動や回りこまれた場合の対処が難しいです。
しかしながら、砲性能が割りと良いので、攻撃面では、AT2に比べて良くはなりました。

--Tier7 AT7
---弱点減らしたぞ!!
でもね、動きが遅いんですよ。
ですので、味方の援護に向かっても終わってるか、崩壊してるかのどちらかになります。
しかし、砲性能がこれまた優秀な最終砲があります。でも、威力弱いので、気を付けてくださいな。
キューポラ、目立つ気がする。

--Tier7 Challenger
---新規に追加された駆逐戦車ルートです。
車体のベースがクロムウェルの様な物で、車体が少し長いです。
砲は、火力不足感があります。しかし、DPMで攻めると思えば、かなり期待できます。
また、砲塔も改良砲塔になりますと、後ろの装甲が200mmと厚いです。
厚いです。弾きます、稀に。

--Tier8 Charioteer
---機動力と火力に期待が出来ます。
前者のチャレンジャーに比べて、火力不足感を払拭したと思います。
また、最終砲になりますと、通常弾でAPCRが使えるようになります。
かなり、性能としては良いと思われます。
ただ、装甲は・・・、心許ないやもしれません。

--Tier8 AT15
---見た人は、その変わりように度肝を抜かれたわけはない。
しかし、車体下部や、砲身の基部等が弱点となるので、注意してほしい。
(防盾で隠れてるが、動かせば基部が見えてしまう。)
また、キューポラが少し小さくなった。やったぜ。
砲も、すこし強いのが積めます。
でもね、言うよ?動きおっそーい。

--Tier9 FV4004 Conway
---前者のチャリオティアでは、高かった機動力が失われ、砲が120mmと火力にステータスを振った感じ。
ここで、魅力的な所は、最終砲を最初から使えるという所にあります。
何よりも、同国のTier9 Tortoiseの最終砲といえる為、もし、ATシリーズを育てていないのであれば、
開発に違いが出てきます。
脱線しましたが、砲の性能についてはバランスが良いと感じます。
通常弾は、貫通力が259mmで割と良い物が使えます。
課金弾となってしまいますが、貫通力が326mmと高いAPCRを撃つ事が出来ます。
エンジンの馬力も最終となれば、高い為、坂等でストレスがあまりありません。

--TierⅨ Tortoise
---硬いと思っているそこのあなた、実は硬くないです。TierⅩなんていたらスポスポ抜かれます。弱点が大きすぎて、近距離戦になると、キューポラをがんがん抜かれます。ただし、砲は最終砲にすると、DPMが3300というおかしい性能。ラマー、換気扇、戦友をつければリロード6秒きります。一杯撃てるので赤字になります。
ここを頑張ればワンパンマンなので鈍足を我慢しながら乗りましょう。

--TierⅩ FV215b(183)ワンパンマン
---ここまで、鈍足戦車に乗って頑張ってきたあなた。おめでとうございます。
貫通力の高いAPで安定してダメージを与える?そんな事を思っている人は、ぜひJagdPz E 100を作ってください
この戦車はHeshです。全弾Heshでかまいません。その分お金は飛んでいきます
HP2000以下の戦車であれば一発で撃破のチャンスです。弾薬庫を飛ばす必要もありません。
HP満タンの中戦車や装甲の薄い駆逐など、一撃でやったときの快感はクセになります


-自走砲
--Tier7 Crusader 5.5-in. SP
---バックダッシュがやばい。
むしろ、逃げる速度に命注いだ結果?
乗り方はバックでの移動になる為、慣れが少しばかり必要になります。

--Tier8 FV207
---コンカラーの車体を、前後真逆にして砲を設置しました。
前回のTierとは違い、前進の速度が後退の速度より早いです。
砲は、据え置きと、もう一つ開発で使える砲があります。
後期の砲は、威力1250とTier8の中では、低い値です。
しかし、精度と装填速度、照準速度については、大変バランスが良いです。
そして、射界も広い為、援護の幅は広いです。
---余談ですが、換気扇が付けれますので、是非装備させてあげてください。
違いが出てきます。多分

--Tier9 FV3805
---前Tierより、火力、機動力を強化した車両。
最終砲を積むと、大分違いが出てきます。
特に、装填と円の絞りが良いです。
こちらも、密閉型故に換気扇が付けれます。是非装備を。

--Tier10 Conqueror GC
---WoTのゲーム中で最も着弾分布が広い自走砲です。
単発火力では米自走砲T92に劣りますが、弾道の高さと爆発範囲は他の追随を許さない領域にあります。
射程距離が1000mとなっており、1000m四方のマップでは角から角の対角線は射程外となります。
射界は脅威の左右30度で車体を回すことは割りと少ないかと思われますが、砲塔旋回速度が8度となっており、
狙う場所を急いで変える場合には車体を回したほうが早いです。(拡散も砲塔を全速でまわしたときとそう変わらないかも?)
当たらないと思って前に出るのもいいのですが、800m~1000mの範囲の弾道が非常に高く街中でも撃ち込めるほどです。
精度を気にせず弾道を活かすか、すこしでも精度のいい距離に移動し火力を活かすか、戦況やマップに応じて判断する事が重要です。

-FV304
--TierⅥ FV304
車種は自走砲ではなく、FV304という種類になります。
足が速い、射程が短い、昔ほどではないですが弾道たかい。
あとはほぼ赤字にならないです。課金戦車以外でお金を稼ぎたい人にお勧めです。
一緒に小隊組むと楽しいです。

-課金戦車
--Tier3 Sexton Ⅰ(自走砲)
---セクストンです、名前間違えないで下さい。
間違えて叫ぶと、通報されます。人気のない所で叫びましょう!
低Tierの自走砲ですので、期待してはいけません。
直射が当てやすい気がします。
火力としては、かなり低いです。援護射撃って感じで削っていきましょう。

--Tier5 Matilda Black Prince(中戦車)
---マッチング優遇あります。小隊を組む事になったら、注意していきましょう。
なんか、載せちゃいましたテヘ。感が拭えないそんな戦車。
ただし、性能はしっかりしてます。
動きは悪いですが、しっかり豚飯等を用いていけば、生存率が上がり勝利に貢献できやすいです。
頑張れば、戦果を稼げる戦車です。

--Tier5 Excelsior(重戦車)
---マッチング優遇あります(Tier6まで)。小隊の時は、注意しましょう。
砲塔や車体の前後は、硬いけども側面がめちゃ薄いという何か国の力が発揮された戦車です。
同Tier帯であれば、粘り強さと硬さを発揮できます。正面で撃ち合いさせれば、脅威度は上がります。
前線で戦う際は、側面を晒さないように注意していきましょう。

--Tier6 Cromwell B
---優遇無し。
カタログスペックでは、既存のクロムウェルを超えている。
しかし、実態はそうでもない。
お金稼ぎにはモッテコイの車両。

--Tier7 AT15A(駆逐戦車)
---マッチング優遇あります(Tier8まで)。重戦車の扱いになります。小隊等を組む際は、注意してください。
同国の駆逐戦車「AT15」の先駆け的な戦車です。
足回りに自信がない為、回り込まれたらほぼ追いつけず、撃破されてしまいます。
なので、遠距離での攻撃をしつつ、主砲の4秒に1回ダメージを活用してどんどん削っていきましょう。
キューポラや、車体下部、砲身の基部など弱点が多いですが、遠方であれば、まず狙いにくいはずなので
主戦場からは、距離をとって戦いましょう。
*中国 [#e32922ab]
**お国柄 [#c225fbdd]
-珊瑚輸送車
いっぱい積めるよ!やったね、た○ちゃん!
-↑やめろ
-初期の車両は、ほとんどがコピー品か、ライセンス生産物に近い。
しかし、後半になると、徐々に独自の車両が増えてくる。
赤いな、うん。お?誰か来たようだ・・・。
**ツリー [#j90f93aa]
-中戦車、重戦車の2つが、最終となっています。
-中戦車については、軽戦車と中戦車の合流があります。
**戦車 [#fa88dcf3]
-軽戦車
--Tier6 59-16
---自動装填にもなれる、軽戦車です。
初期砲、後期の砲で好みが分かれます。
初期砲、貫通力に優れておりますが、ダメージに対しては心もとない。
後期砲、装填数5発のダメージは高いが、貫通力に儚いものを感じます。
筆者としては、自分の好みという言葉を使って言及は避けます。すまんな。
---使ってみた感想。
初期砲は拠点戦ではありかなと思うけど、ランダム戦では貫通力はあるが、あまり安定して与ダメが稼げなかった
オートローダは貫通は低いが、こちらの方があっていた模様
両方使ってみて、どちらが自分にあっているか探してね

--Tier7 WZ-131
---大きい印象がある軽戦車です。
しかし、隠ぺいはさほど悪くないので、ご安心ください。
良い点としては、主砲が選べます。100mm砲か85mm後期砲です。
課金弾が、APCRかHEATかの違い以外にも、DPM、貫通力にもありますので、
色々試してみて下さい。
ただ、問題点は、その装甲が・・・やばい。薄い。角度とか関係ない。

--Tier8 WZ-132
---なんか、同国の同Tierの中戦車より大きい軽戦車。
他国の軽戦車と比べると、目立った所があまり少ないです。
ただし、前TierのWZ-131の強化版としては、しっかりとした性能があります。
車体装甲には、目を瞑り続けます。

-中戦車
--Tier5 Type T-34
---なんというか、劣化ソ連の中戦車T-34です。
あらゆる面で、悪くなっております。
同じ戦車と思って、運用したら痛い目見ます。
でも、砲の性能は、まぁまぁ良いので、無理をせず、運用すれば悪くない戦果が期待出来ます。
---中戦車と、軽戦車のルートに分かれます。お好きなルートを選べます。

--Tier6 Type 58
---なんというか、ソ連の中戦車T-34-85のコピー製品です。
ただ、全く一緒というわけではないので、ご安心を(?)。
砲としての火力には、問題はありません。
砲塔がねぇ・・・、キューポラ二つあるんすよ、こいつ。察してね。
---こちらは、中戦車か重戦車のルートに分けて進められます。

--Tier7 T-34-1
---隠ぺい率が0.36と高い中戦車です。
後期砲塔の硬さと砲の火力により、戦果を稼いでいく。
ただ、撃ち合いにおいては厳しいものがありますので、近づいて砲塔を撃たせるように
密着を維持出来れば、まだワンチャンあるやも。
---とある人のブームになってる戦車。

--Tier8 T-34-2
---T-34-1より、若干大きく、丸みが増したそんな印象です。
ただし、隠ぺい率は下がりました。
ここで、出てくる問題としては、最終砲の100mm後期砲か、122mm砲です。
どちらも、特徴があります。
100mmは、砲性能としては良いバランスですが、単発の火力としては、心許ないです。
122mmは、ガバガバですが、火力が高いです。
---次の開発で、WZ-120となり、軽戦車ルートと中戦車ルートは合流します。

--Tier9 WZ-120
---T-54の砲塔を強化し、車体装甲を弱くしたそんな戦車。
Tier10の主砲になった時、今迄の苦労が報われます。
リロードは、11秒と長い122mm砲ですが、火力は非常に高い為
車体に撃たせるのではなく、砲塔を撃たせるように仕向ける事が出来れば
戦果が変化してくるはずです。

--Tier10 121
---何故か、同国の重戦車より、強力な主砲を装備している車両。
硬い砲塔と、単発火力を駆使して戦闘すると一方的になる場合がある。
でも、中戦車だから、動いておかないと・・・。
悪くない車両です。
---つい最近、Buffされました。

-重戦車
--Tier7 IS-2
---ISのライセンス生産みたいな感じの車両です。
122mmの火力に、最初は感動するはず。
無理をしなければ、良い戦果に繋がりやすいやも。
ただし、俯角と仰角は、お世辞にも良いものではないので、注意してください。

--Tier8 110
---TigerⅡなど、車高が高い戦車と競ると無敵の珊瑚輸送車。
乗り心地が悪いらしい。
---後期砲塔になりますと、弱点のキューポラが小さくなるのと、厚さ350mmという正面装甲になる為、
車体を隠して撃ち合いをする事が出来れば、同Tier帯の相手であれば、かなり戦果を稼げます。
また、砲についてですが、なるべく早い段階で最終砲にしましょう。
---次回、WZ-111 1-4。

--Tier9 WZ-111 model 1-4
---初期砲塔、初期砲では頼りない重戦車。
しかし、最終砲塔、最終砲になれば、文句無しとなります。
特に、130mm砲は使っていても、ストレスが無くしっかりとダメージが与えられます。
ただ、この主砲Tier10だけども、次の車両だと何故か違う主砲なんだよなぁ・・・。
何故か、違和感を覚えるそんな戦車です。

--Tier10 113
---何故か、前Tierで装備できた130mm砲が積めない車両。
単発火力が低くなりましたが、DPMは良くなりました。
また、それなりにある耐久値と足の速さを活かして戦えば、割と楽しい車両です。
装甲についても、弾く時はしっかりと弾いてくれます。
しかし、過信をしないように、抜かれる時はごっそり逝きます。
---乗り手少ないらしいよ。

-課金戦車
--Tier8 Type-59
---彼の有名な天○門事件にて学生や市民をスクラップした珊瑚輸送車(画像有)
WoT内では逆に他戦車にスクラップされています。
---しかし、現在では、使い方が分かってる人達による運用で、メキメキと才覚を伸ばしております。
*日本 [#g14fa81a]
**お国柄 [#hb77962a]
-Un-Chi-Nu
Un-Chi-To
Un-Chi-Ri
3コンボ
-もう何も言うまい
-重戦車ルートが追加され、そのでかさに圧巻する事間違いなし。
**ツリー [#rae7b462]
-今のところほぼ1本ツリー
本番はTier8から
早くツリー増やして!WGちゃんお願い!
↑超重戦車ルートが追加だよ!やったね、た〇ちゃん!
-中戦車ルート「STB-1」
序盤は、微妙な所があります(歩兵戦車だからね)。
Tier8「STA-1」から、世界が変わっていきます。
総評としましては、アメリカやドイツ、ソ連などで、ある程度動きに自信をつけてから乗ると良いやも。
-重戦車ルート「5式重戦車」、ドイツ超重戦車「マウス」よりでかい。
**戦車 [#h31ca4c5]
-中戦車
--TierⅤ Chi-Nu
---結構強いかも。同格なら十分活躍出来るます、ただし装甲は当てに出来ない、足もそんなに速くないので立ち回りでカバー
--Tier7 Chi-Ri
---自動装填になる最終砲で火力はかなり変化します。
体力もそこそこあります。
立ち回りをしっかり意識してやれば、活躍の場は広まります。

--Tier8 STA-1
---WG「日本製品高いから修理費高くしといたぜ!」
突出した良さはないが中戦車に必要なスペックは満たしてる
ただ装甲はないに等しいので、被弾しない立ち回りが必要
最終砲まではゴールドちからを生かすか、愛国心で乗り切ってどうぞ
---最終砲塔、最終砲になると、今迄の苦労が報われる性能となります。
攻撃面での期待は高く、前に出過ぎず、しっかりと距離をとる事を意識していく事が
良い戦果に繋がると筆者は思います。

--Tier9 Type61
---前の車両と同様に俯角の良さは、健在。
装甲は薄い為、中々弾く事がありませんが、運が良ければ弾く事があります。多分。
また、最終砲塔になりますと、かの陸上自衛隊に配備された61式戦車と変わりない形になります。やったぜ。
そして、砲精度は良い為、偏差射撃などで大分助かるかと思います。
日本車特有の装甲の薄さですが、攻撃面ではバランスが良く、戦果は期待できると筆者は思います。

--Tier10 STB-1
---目につくのは、俯角の良さ及び旋回などの機動性の良さ。
装甲は無い為、前線で戦うのではなく、後ろからサポートを意識した戦闘をした方が良いと思われます。
出る時は、機動性を活かして回避重視を意識した方が良いやも。
総評としては、砲塔の硬さが有る為頭出しの可能性が活きる場合があります。
前線で戦わず、後ろからサポートしてダメージを稼ぐ事が良い戦果に繋がるかもしれません。

-重戦車
--Tier5 O-I Exp.
---屈指の苦行戦車95式重戦車に乗っているあなたに朗報です。
弱点の装甲がすごく厚くなりました。(弾くとは言っていない)
また砲性能が同ティアトップクラスになりました。
デカくなりました。
100tなのに最高速度が40km/hになりました。
この戦車は恐らくKV-1,AT 2と並ぶ強戦車だと筆者は思います。

--Tier6 O-I
---機動力が無い為、広い場所であるとかなり不利となります。
Tier6の同Tier帯では、装甲が活きてきますが、自走砲などには滅法弱いです。
そして、正面と後ろでは俯角がある程度ありますが、左右ではとりづらい為、注意してください。
また、10cmと15cmの主砲がありますので、自分のあった物をどうぞ。

--Tier7 O-Ni
---ちょっと、シャープになりましたが、でも機動力は変わりません。
トップTierであれば、活躍の場はありますが、正直辛い所でもあります。
15cm運用の榴弾で、どんどんHPを削って行こう。
楽しいかもしれません。

--Tier8 O-Ho
---車両の形状が変わらず、そのまま大きくなりました。
若干、装甲が厚くなった。しかし、子供砲塔は健在である。
また、車高が高い為、近づかれると対処が困難となる。
そして、15cm運用は健在で、榴弾を駆使して削っていこう。
弱点である車高の高さを活かして、相手のキューポラなど狙いやすい。
(Tier8重戦車T-34などのキューポラ、撃てます。)
トップTierになった場合、相手チームに自走砲がいなければ、ある程度の活躍の場があります。

--Tier9 Type4 Heavy
---マウスに匹敵する大きさとなり、子供砲塔がなくなった。
正面装甲も厚くなり、対処法を知らない人には脅威となる。
そして、主砲も強力で、最終砲の単発火力が600とTier9重戦車内ではトップである。
と、上記を挙げると魅力的だが、やはり機動力が犠牲となっている。
旋回性能についても、さほど良いとは言えない。
また、共通事項として、車高が高く近づかれると何とも対処が難しい。
そして、装甲が硬いといっても、貫通力のあるAPで、砲塔と車体の垂直箇所を撃たれれば、簡単に抜けられる。
また、貫通力が300mm以上のHEAT弾では、どこを撃たれても大体ダメージが入る。
以上の事から、対処法を知らない人には脅威であるが、知ってる人から見ればただの的である。

--Tier10 Type5 Heavy
---マウスも真っ青の隠ぺい率の低さ。
防御面において、耐久値はマウスに次いで高いのと、トーチカの様な車体により、真後ろでもある程度俯角があるので
対処が可能な点がある。
装甲は、正面であればなんとかなると信じたいが、Tier10戦場においては、300mm越えのHEATなど多く、AP弾もまた同じである為、
良く抜かれます。
注意すべき所は、車体と砲塔の間にある垂直な箇所で、あそこが脆い。
そして、一番厄介なのが、攻撃面である。
まず貫通力がそこまで高くないので、如何に相手の弱点を知ってるかが重要となります。
何よりも、自身の弱点も注意が必要となる。


-課金戦車
--Tier5 Chi-Nu Kai(中戦車)
---優遇は無いです。ただし、マッチング上では重戦車扱いなので、注意してください。
機動性、装甲は、ほぼ悪いと言って良い印象です。
しかし、砲性能が中々優秀です。
通常、課金は、両方ともAPです。
通常弾では貫通力124mmと高めです(課金弾は155mm)。
運用としては、主戦場から離れて遠距離攻撃が良いと思います。

--Tier8 STA-2(中戦車)
---STA-1の攻撃力特化したような戦車。マッチング優遇は無し、Tier10まで当たります。
火力、精度を少し上がったような気がするけども、
機動力が低い為、機動戦には期待出来ません。
主戦場では、前線に出る事をせず、サポートに徹すると良いかもしれません。
ただし、先に挙げたように、火力と精度には問題ありません。
しっかり狙っていけば、活躍出来ます。
*チェコスロヴァキア [#g14fa81a]
**お国柄 [#hb77962a]
-新規参入された国。
ドイツとソ連が足して、2で割ったような車両が多い。
外見の特徴が、結構ある。
-Tier9、Tier10が強いと専らの噂。
**ツリー [#rae7b462]
-ほぼ一本ツリー
**戦車 [#h31ca4c5]
-中戦車
--TierⅤ skoda T24
---平均的な性能で、特徴のないのが特徴。

--Tier6 skoda T25
---最終砲では、3発装填のオートローダーとなる。
7.5秒で再装填完了となり、乗ってると楽しい車両。

--Tier7 Konstrukta T34/100
---基本的には、ソ連中戦車である「T34」が原点。
砲において、注意したいのは据え置きではまずストレスが溜まり
ダメージも稼げない所があります。
なので、最終砲にする事を強くお勧めします(フリーで飛ばすのが良い)。

--Tier8 TVP VTU Koncept
---特徴が無いのが特徴ともいえる中戦車。
際立った性能は、特になく、逆に装甲では不安が残る所がある。
撃たれれば、誰かしら負傷してしまうので、注意が必要となります。
しかし、火力においては、さほど問題は無いので、そこは許せるかと思われます。

--Tier9 skoda T50
---自動装填が出来る最終砲を装備する事で、世界が変わります。
ただし、耐久値や装甲において、かなり厳しい所があります。
撃ち合いをしてしまうと、マガジン式の場合では弾切れが命取りとなります。
(※マガジンの弾数が3発の為)
単独での戦闘には、注意が必要になります。





-課金戦車
--Tier6 skoda T40(中戦車)
---砲性能の割と良いが、ほかは何ともいえない。
そんな車両。

*苦情的な何か [#v24186e3]
#pcomment